2013年2月28日木曜日

140字以上の呟き

ML OPEN・Criffordと立ち上げてイベントを開催してきました。
この2つには大きな共通点があります。

それは『参加しやすいイベントにする』ということ。
そして人口・施設の増加を目標に、沢山の工夫や挑戦に試みました。

・エントリー方法の工夫
・低価格での対応
・束縛時間の工夫
・施設還元の徹底

大きくこんな感じ。
この結果は、効果が有ったり無かったりで、今後の参考になりました。

ただ一番勉強させてもらったことは、
参加者への気持ちと同様に、スタッフへの気持ちも考えなければならなかった。
特にML OPEN。

やはり、良い空間は一人では築けません。
今までの体制は善意で成り立っています。
善意では前に進めません。成長していきません。
成長するための糧を作っていかないと、この先進んでいかないと痛感しています。


そして前回のCriffordでの試み。
運営サイドの強化(育成)も、今後の参加者増加の鍵だと思いました。


毎回、参加者に『楽しかった』と思ってもらう為にやらなくてはいけないこと。
そこを固めなければ、変えていかなければ、作っていかなくてはと、
ここ最近強く思っているわけです。

安定した運営。今後続けるうえでとても必要なことですね。

この経験を生かし、今後に繋げていこうと思います。

っという独り言。
呟きです。