このガジェットでエラーが発生しました

2013年2月15日金曜日

ジュニアDHer

先日のCriffordでC2クラスを2位でゴールした宇津孝太郎(カメクリコロッケエダマメ)

Photo : dsk24

彼は全日本DHジュニアカテゴリーで走るライダーだが、僕は今回のCriffordをここまでの順位でゴールするとは思いませんでした。

昨年度、富士見パノラマスキー場で行われた4XNUG。
毎回MCとして参加しているので、彼の名前はしっかり覚えています。
4X競技では決勝へ必ず入る強いライダー宇津孝太郎というのが僕のイメージ。
(それと独特のチーム名もその要因の一つ)

そんな彼がCriffordに参加と聞いた時、僕はGONZO PARKという4X・BMXの施設での大会ということで、種目を間違えてしまったのかと思っていました。

そしてカテゴリーもC2。

MTB・CX・ROAD、東海地区でも強いと有名なライダーが参加していたC2。
スタート後、彼が2周を引っ張り、一時は4位までジリジリと順位を落すものの、そこから2位まで上がっていった彼のパワーには僕もビックリしました。

1位 オッチー (CX C1)
2位 宇津孝太郎 (Jr DH)
3位 山本よしひろ (XC元エリート)

フィジカルの強い選手には伸びしろがある。

彼ぐらいの年齢のライダーは、体格の差で速さが決まりがちになるが、近い将来必ず常勝ライダーの一員になるのではないかと個人的に期待しています。

今シーズン彼の活躍がとても楽しみです。