このガジェットでエラーが発生しました

2013年12月7日土曜日

CX奮闘記 2013-14 関西CX 丹波

ネタ的に48時間をとっくに過ぎてしまっているので、完全に賞味期限切れになってしまいますが、
何となくココに綴っておきます。

ここ最近、僕がCX(シクロクロス)にナゼ参加しているのか?
何が面白いのか?
よく質問されます。

正直、僕にもわかりません。

ただ、先日走った僕の目線を伝えられたらと思いKikuzo写真館と共にお送り致します。

テーマ『目の前のライバル』とでも言いましょうか。
抜きつ抜かれつの死闘をお楽しみください。






関西シクロクロス第四戦は京都府京丹波町。
開催された12/1は、寒さも少し和らぎ、半袖で走るライダーもいた程の陽気。


今回の目標は10位以内に入り、現在走っているC2(カテゴリー2)というクラスに残留すること。
(遅いと降格し、来年はC3で走らないといけなくなる)

そしてなによりライバルTKC氏に勝つこと!


C2スタート前。
スタート位置はライバルTKC隣に並び、前から6列目をキープ。
僕らの前には約30~40名のライダーがスタートを待っている。
スタート直後は狭い上り坂。ここをどう抜け出すかがポイントとなる。

※写真では終始にこやかに会話をしているものの、
  僕が闘志剥き出しだったのはナイショの話です。


C2レーススタート。

ホールショットをとったのはパッツパツのデニムを履くDAVE氏。
彼はCXだけでなく、BMXもMTB(DH)も楽しむ万能ライダー。
多種多様なライダーが入り乱れているのも、CXの楽しさだろう。
なかにはコスプレしているライダーもいる。
写真右側の黄色いヘルメット。唐草模様のワンピース(ツナギ)を着ているライダー。
通称『泥棒』(見知らぬ方に申し訳ない)今回の優勝候補。

写真左上にはライバルTKCがいる。
隣に並んでいた僕はと言うと、ここには写っていないが前走者に追突し
転倒してしまいました。

ここで大幅に遅れてしまうのですが・・・


1周目のコース2/3を終えた場所ではこの位置。
TOP通過でございます!

僕の頭は試走時から完全にDH脳で、追い抜きポイントとライダーとのラインクロスのシュミレーションを幾度となく繰り返していました。
DHで鍛えたラインの見極めと、4XやBMXで鍛えた競うためのライン取り。
過去の経験がかなり役にたっています。


余談ですが、僕がホールショットをとったDAVE氏を追い抜く際、
実はDAVE氏のお尻がプリップリで、数秒目線を奪われたのもナイショの話。


さて、レースに戻ります。おそらく3~4周目の写真です。
ライバルTKCが2周目にピッタリ後ろに着かれてしまい、ここからは抜き抜かれの状態が続きます。
登りで抜かれ・・・


下りで追い抜き・・・


また登りで抜かれ・・・
常にライバルの顔色を伺いながら走っていました。
ただ、練習不足の僕はジリジリとペースが落ち始め、残り2周はTKCに離される一方。
後続の選手にもどんどん抜かれ、最終的には10位でゴール。
ライバルTKCは6位。

先を走るTKCがゴールするところを自分の目で確認できる位置までいたのに、
何もできない自分が本当に悔しかった。


とはいえ、ここまで集中して真剣に走れたのも、無我夢中でペダルを踏み続けられたのも
ライバル達のおかげ。
そして日頃の私生活ではここまで追い詰める事のできない領域に入れるレース。

本当に特別で楽しい、あっという間の時間でした。

皆さん本当にありがとうございました。
また全力で挑みます!その時はまた宜しくお願いしますね!