このガジェットでエラーが発生しました

2015年2月1日日曜日

キャンピングカー

購入して1年が経過する我が家のキャンピングカー、デュカト。
キャンピングカーは僕の憧れだったので、購入時の嬉しさは半端なかった。
毎週のように乗り回し、良し悪しをお話できるかなと思いココに残します。
購入前に周りの人からは『いるのか?』とか『どこ行くの?』とか『旅行へ行くなら車ではなく宿で…』とか言われました。
しかし購入して1年が経ち、僕のような休日を過す方達には、今も自信を持ってオススメしています。
僕が乗るデュカトはそもそもあまり大きいタイプのキャンピングカーではありません。
しかし、エンジンの位置が日本車の運転席シート下ではなく、前方のボンネットの中にあるため、運転席とキャビネットとの行き来が楽というだけでなく、広く感じることができます。
それでも大人2〜3人が丁度いいぐらいでしょうね。
ただ、多くの方がイメージするキャンピングカーの使い方をほぼしない僕にとってはこのぐらいで丁度いいのかもしれません。
間違いなくレースやイベントに参加しやすくなったのは確かです。
大掛かりな準備等もほぼ無くなりました。
少し走りに行く感覚で一泊できます。
そのくらい楽です。
旅費も減りましたね。大きくは無駄な食費。
すぐに火が使えるからか、少しの事ならスーパーで簡単に済ませられます。
自宅の冷蔵庫から拝借すれば事足ります。

維持費は普通車と変わりません。
逆に燃費は軽油で8〜11L/kmなので、経済的ですよ。
『とはいえディーゼル車…』と思われる方もいるかと思います。
近年はディーゼル規制で乗り入れできないエリアも有りますが、さすがの環境にうるさいヨーロッパ車なのか、30年前の車ですがディーゼル規制(NOx・PM法)はそのままでも問題なく走れます。
ね。ハードルは低いでしょ?

少しの遠征でも悩む事はありません。
とりあえず仕事を終えてご飯を食べて風呂に入り、全てを済ませて好きな時に家を出られます。
少しでも交通量の少ない時間帯をスムースに走り、眠くなったタイミングやお気に入りの静かな駐車スペースで、いつも通りの布団で寝て、朝起きた時には会場のすぐそば。
楽チン!楽チン!
付き添いの方も、レース中はのんびりしてもらえるので気を使うこともありません。

普段乗りで軽自動車やスクーターなどに乗っていて、ほぼ自転車の為にワンボックスに乗るのであれば、月に1度でも大会やイベントなどに参加されるサイクリストさんであれば、
本当にオススメの1台ですよ!
ちなみに僕のデュカト相場価格は、160〜180万円くらいかな。

もう僕のライフスタイルには欠かせないトランポになってしまったようです。





あとは乗り心地さえなんとかなれば…ですね。
目標としてエアサスでも組んでみたいと思います。