このガジェットでエラーが発生しました

2015年3月6日金曜日

教えられないコーナーテクニック

『コーナー苦手!』って方、とても多いと思います。

では、コーナーを上手くなる為にどうしたら良いと思います?
本当は教えたいけど実際には教えられないコーナリングの事を簡単に書こうと思います。
実は僕が実際に走っている時に意識している事は、フォームやらなんやらではありません。
実は他にあるのです。

フォームうんぬんなんて基本さえで来てれば、ほぼ関係ないと実は思っています。

そもそも『なぜコーナーを上手く走りたいのか?』
『上手いって何?』一度掘り下げる必要があります。

例えは…
・速く走りたい
・転ばないように走りたい
・カッコ良く走りたい

皆さん思うことは色々あると思いますが、この3つだけで練習方法は全く違うと思いますよ。
ではコーナーリング特集などありますが、あれは何を目的にしているのか?

偏屈な僕が見え隠れしてますね。
ごめんなさい。




僕が考える『曲がる』為の大きな3つの動きがあります。

1.志向・方向性(ベクトル) ライン選び
2.初期動作(モーション)荷重移動
3.動作(アクション) コーナーリング

僕の考えるコーナーの動きは、この3つで出来ていると考えてます。
その中でもコーナリングは1と2が大切で、3というのは後付け、決めポーズになるのかなとも思っています。

ただ、いろんな方が教えているのも、悩んで悩んで練習しているのも、3な気がするんですよね。

先日、料理番組を見ていた時、これってコーナリング動作に似ているなと思ったことがあります。
では、この動作を炒め物料理に例えましょう。

1.思考(ベクトル) ライン選び  は『仕込み』かな。
2.初期動作(モーション)荷重移動  は『食材の投入時期』でどうでしょう。
3.動作(アクション) コーナーリング    は『食材の炒め方』ですね。

1は熱々の料理を手際よく作れるように食材のを切ったり前準備で味付け出来るものは味付けしたりと、流れよく調理が出来るように仕込みをします。

2はフライパンに火が通ったので食材を一つずつ投入し、炒めていきます。
火の通りにくい物から入れるのがポイントです。

3はフライパンやおたまの使い方。
熱が均等に行き渡るように、焦げないように混ぜます。

どれが大切でしょうか?

カレーライスに例えたら鍋に焦げ付かないように回すだけが3ですかね。

僕が意識するのは1と2です。
ではそんな1の『ラインどり』から砕いていきましょう。
なぜそのラインを選ぶのかの理由を明確にする事。
速くコーナーを走りたい!というのは不透明すぎます。

・最短距離で走りたい
・スピード維持したい
・コーナー後に加速させたい
・漕ぎを止めたくない
・自転車から降りたくない
・転ぶリスクを減らしたい

ざっとよくあるシチュエーションだけでこれだけあります。
1つのコーナーですが、これだけの理由で全く違う動きになります。

1コーナー、1ターンで0.5秒稼ぐのはとても大変な作業です。
でも1つのコーナーと、その後のストレートで0.5秒は意外と稼げます。
ではそれが複数回あれば何秒稼げるか。
僕のように体力の無いライダーであれば、『何秒楽できるか』の方がしっくりくるかな?

ラインどりってこんなもんです。
だからこそ人それぞれあって当たり前。
コーナーが上手い人と、加速脚力に自信のある方でラインは変わります。
ちなみに僕は省エネライダーなのでこの2つには属しませんが。

そう考えていくとライン選びって楽しくなってくるし、ひたすらカラーコーンでクルクル回ってても意味が違いますよね。
ちなみにカラーコーンで回るスピードってそこまでのスピードでないので、あのシチュエーションこそなかなか無いです。
でも全く意味がないわけじゃないですけどね。
(またそれは別の機会に)

では練習方法としてこんなのは如何でしょうか。
一つのコーナーを速く走るテクニックも重要なんだけれど、わざとラインを外す練習も必要。
アウト・イン・アウトは加速系だけれど、S字コーナーの繋ぎはアウト・イン・イン。
最短距離ならイン・イン・イン。
練習の幅が広がるでしょ。

それに対して身体の位置も違ってくるし、そのラインに入る為のモーションも違ってくるわけです。
コーナー手前の地形でも大幅に変わります。
さて、次は2の初期動作(モーション)荷重移動になるわけですが、今日はここまで。

とにかく、何を一番に優先するかを一度しっかり考えて、そこからコーナー練習した方が近道ですし面白いですよ。

後はレースなどで人の走りをしっかり見ること。
何を目的に走っているかを見極めて、違う目的(ラインが違う)の方と一緒に走った場合に、どれだけの差が出るかを確かめること。

大きな差がなければ自分の走りやすい方を選択したらいいと思います。