このガジェットでエラーが発生しました

2015年5月27日水曜日

平田クリテ C2

久しぶりの平田クリテ。
楽しかったですよ。
まずは今回の画像はこちらから。

Kikuzo君ありがとう!

久しぶりの平田クリテ。
しかも久しぶりのC2です。
今までは自分でレースをコントロールするテクニックが欲しくて、一つレベルの低いC3がベースになっていましたが、
7月にC1で走るという目標に向けて、あえてC2で走ることにしました。
とはいえ乗ることを意識し始めたのはここ最近です。
今はケイデンス100が5分もたないんですよ。
グダグダな体なので、その部分もC2のスピードや駆け引きなどのレベル感で無理くり引き戻す作戦です。
レーススタートし、三味線を弾き合う穏やかムードからパリっと引き締まるこの雰囲気はとても好きです。

先頭集団を走る選手の多くは逃げを決めたいという目標が多いと思います。
とはいえ僕にはそんな力があるわけもなく、どうしたら確実に完走出来るかを深く考えます。
逃げが決まれば絶対に追いつけません。
集団を追えば完走すら出来ません。
なるべく団体で走り金魚の糞走法で体力と脚をキープさせ、ゴールスプリントまで持ち込めれば6位入賞?というあさはか思いばかり。
なので、なるべく5位辺りを維持です。
逃げそうなライダーは抑え、集団とブリッジさせながら上手く前方集団をコントロールして纏めたつもりです。

C2の皆さん本当にごめんなさい。
それでも力のあるライダーはバンバン前に出ようとするのです。
高校生も凄く速かった。
あんな飛び出し絶対に出来ない。
今回優勝された方もバンバン飛び出します。
BUCYOの熊さんも出る出る。
それでも性格の悪い僕は周りを引き連れながらブリッジさせてしまうのです。

重ね重ね、本当にごめんなさい。
レースは順調に進み、ゴールスプリントの時間。
実は瞬発力には少し自信がありまして、そんな僕にとって集団スプリントになるここまでは最高の運びになっていたわけです。

ゴール前100〜200メートルで出る。』
『周りがトップスピードまで出きってからの発射!』
コレはスタート時からの僕の作戦。
自分でも驚くほど最高の飛び出し方。
バッと出た目の前はガラガラ。
スピードのノリもよく、一気に先頭まで出られそうな勢い!

『勝った!』と内心本気で思いました。

ただ、最高の飛び出しは10漕ぎ(10回転)出来たかどうかは微妙です。
即効で脚と肺が悲鳴をあげレースは強制終了!

完全ノックアウトです。

結果は人を巻き込みながら『それかよ!』という感じになってしまいましたが、それでもやっぱり楽しい!

レースは人の心理や空気を読み、流れに乗りながら展開させるあの感覚は最高に楽しいですね!

とはいえ、C2で一緒に走っていただいた皆さん。
本当に申し訳ないです。

次回は僕も頑張りので、何卒嫌いにならないでください。